1 入試時期が早い点について
 公立高校を第一希望で考えている方が腕試しに高工校を受験されるという場合は別として、何としても合格を目指すとするならば、この入試時期が他校より早いという点を克服しなければなりません。中2から中3にかけての春休み、中3の夏休み等の長期休暇を利用して、中学校3年間の履修内容を学校よりも早く終わらせて、秋の2学期中間テストが終わったあたりから過去問中心に演習をこなすことが賢明です。

入試対策①