食塩水の問題は食塩の量と水の量を分けて明確にすることが大切です。
「6%の食塩水300g」とありますから、
300×6÷100=18(g)…300gの食塩水中の食塩の量…A
「2%の食塩水」が『100xg』あると仮定します。
(分数が出てくると計算が面倒くさいので、あえて100xgとしています。)
100x×2÷100=2 x(g)…100xgの食塩水中の食塩の量…B
AとBを混ぜると「5%の食塩水ができた」とありますので、次の方程式が成り立ちます。
18+2 x / 300+100x = 5 / 100
(18+2 x)×100=(300+100x)×5
1800+200 x=1500+500 x
300 x=300
x=1
「2%の食塩水」は『100xg』と仮定しましたので
「100xg」は「100g」となります。
答え(2)

平成28年実施過去問数学第9問