面積比を求める問題です。

長方形の高さの数値は与えられていませんが、

比を求めるだけでよいのですから、計算しやすい数値を自分で決めて

その数字を基にA、B、Cの面積比を求めます。

仮に高さを「1」とすると、

三角形Aは

10×1÷2=5

三角形Bは

20×1=20

台形Cは

(40+30)×1÷2=35

A、B、Cの面積比は

5:20:35=1:4:7

答え (4)

平成13年過去問数学第19問解説