「y=x(2乗)」の式に(a,9)、(-1,b)を代入してaとbを求めます。

すると、a=3、b=1が得られます。

P点が(3,9)、Q点は(-1,1)ですから、PとQの中点は(1,5)。

「-c=5」となり、「c=-5」。

「a+b+c=-1」です。

答え (2)

平成13年過去問数学第16問解説