三角形ABPにおいて、
角BAPが40°、角BAPが70°なので、残りの角APBは70°です。
角APBと角CPQは対頂角で等しいので、角CPQは70°です。
辺PCと辺ADは平行ですから、角CPQと角PADは同位角で等しくなります。
従って角PADは70°となります。
答え (4)

平成14年過去問数学第21問解説